吉備(きび)の国(くに)

現在は岡山県の呼称であるが、古代においては現在の岡山、鳥取、香川、兵庫の加古川あたりまで、広島の福山のあたりまでを含んだとされる。大化の改新(645年)以降は備前、備中、備後、美作の国をいう。

吉備王国、吉備王朝とも称され当時は大和朝廷とも並ぶほどの大きな勢力があったという。