忌服期間

わが国では、古くから忌服の制度があり、明治七年には武家の忌服制に基づいて太政官布告の「服忌令(ぶっきれい)」が出されました。

このまま現状に適用する事は不可能で、一親等の肉親が死亡した場合でも、仕事を休めるのは、一週間から十日間程度の様です。神事や慶事を慎む期間の目安としてご参照ください。

忌の期間は神社や神棚へのお参りを遠慮します。
服喪は故人を偲ぶ期間と考えられます。

■ 忌服期間(明治七年太政官布告)

父母死亡時 五十日 十三ヶ月
養父母死亡時 三十日 百五十日
夫死亡時 三十日 十三ヶ月
妻死亡時 二十日 九十日
嫡子死亡時 二十日 九十日
養子死亡時 十日 三十日
兄弟姉妹死亡時 二十日 九十日
異父母兄弟姉妹死亡時 十日 三十日
祖父母死亡時 三十日 百五十日
曾祖父母死亡時 二十日 九十日
孫死亡時 十日 三十日
叔(伯)父、叔(伯)母死亡時 二十日 九十日
従兄弟死亡時 三日 七日
甥、姪死亡時 三日 七日

※ 忌 = 神社への参拝、家庭のまつりを遠慮する期間
※ 服 = 精神的に故人を偲ぶ期間

忌服期間に避けること

昔は、忌の期間には門を堅く閉ざして外出することも人に会うことも許されませんでした。
現在では、かなり簡略化されており、ここまでする人はいないと思いますが、現在でも残っているしきたりとしては、結婚式や賀寿などの慶事への出席は慎みます。

また喪中(故人死後一年以内)に年を越す場合は、しめなわ・門松・鏡餅などの正月飾りや、おせち料理などで祝ったり、新年回りや年賀の挨拶なども控えます。

地方によっては、忌明けまで肉や魚などを控え、茶を断って喪中の慎みを表し精進するところもあります。

※ 特に忌の期間中は神社への参拝を遠慮し、ご自宅の神棚には白布や半紙を貼ってお参りを遠慮します。