年中行事 annual event

吉備津彦神社では年間に様々な神事をおこなっています。
祭典の日には、ぜひご参拝下さい。

※ ご覧になりたい月をクリックしてください。
※ 青文字の祭典・神事は、クリックすると詳細をご覧になれます。

毎月

1日:月次祭(本社・子安神社)
毎1日の定例神事で国家の安泰と氏子崇敬者の平穏無事を祈ります。この神事に併せて誕生月祈祷を行います。

11日:稲荷神社月次祭
末社の定例神事

1月

1日:歳旦祭
新年を祝い、皇室の繁栄と国運の隆昌とを祈念するとともに、氏子や崇敬者、社会の繁栄と平和を祈ります。

3日:元始祭
年始にあたり、皇位の元始を寿ぎ皇室の弥栄、国家と国民の長久繁栄を祈願します。

中旬:とんど祭り
一年間お祀りした古いお守りや御神札(おふだ)などを浄火でお焚き上げいたします。正月飾りや書初め等もお持ちいただき、家内安全、学業成就のお祈りもいたします。

2月

3日:節分祭
午後3時 / 邪気災厄を祓う節分、豆撒き神事が行われます。始めにご本殿で節分祭の神事が行われ、つぎに年男年女が、参集した人々に福豆撒きを行い厄を祓います。特に祭神の大吉備津日子命が鬼退治をした御神徳を仰ぎ、お祭りをします。

11日:紀元節祭
神武天皇が橿原宮において初めて天皇の位に就かれた日であり、この日が日本の国のはじまりでもあります。全国の神社において紀元祭が執り行われ、建国の偉業を称えるとともに、より良い国と平和な世の中を築いていけるよう祈念します。

17日:祈年祭
春のはじめに、お米をはじめとするその年の五穀豊穣と国家国民の繁栄を祈る祭りを行います。日本には古来、春のはじめになると神様は里に降りられ、秋の収穫が終わるとともに山に還られるとの信仰があり、農作業がはじまるとともに祭りが行われます。

3月

7日:子安神社祭
摂社の例祭

11日:稲荷神社祭
末社の例祭

19日:御忌日祭
御祭神の大吉備津日子命が薨去された日に、命の御神徳を称え奉り祭典を奉仕します。

春分の日:祖霊祭
吉備津彦神社の旧社家(神官として奉仕されていた家系)の祖霊祭です。御祖先より代々結び連なり受け継がれた命に感謝致し日夜を通じ子孫の繁栄と幸福をお守り下さいます祖先の遺徳を偲び安鎮を祈ります。

21日:坂樹神社祭
末社の例祭

4月

9日:幸神社祭
末社の例祭

10日:下宮祭
末社の例祭

19日:春祭
春の訪れを言寿ぎ神前に献花をします。

19日:楽御崎・尺御崎神社祭
末社の例祭

29日:昭和の日
天皇家の安泰を祈り祭典をします。この日は昭和天皇のお誕生日で、昭和時代には天皇陛下のお誕生日を御祝いする国民の祝祭日でした。平成の御代になり、自然をこよなく愛された昭和天皇の御遺徳を偲ぶために、みどりの日から昭和の日と改称されました。

5月

5日:子安神社大祭
午前10時 / 子供のすこやかな成長を祈願します。縁結び、子授け、安産、育児の御神徳。
ご家族お揃いでお参り下さい。

第2日曜日:磐座祭
午前10時 / 皆様と一緒に吉備中山(神体山)に登拝します。

25日:卜方神社祭
末社の例祭

6月

17日:亀島神社祭
末社の例祭

夏至の日:夏至の日 日の出祭
太陽(日の神)に感謝し、朝日を拝みます。

30日:鶴島神社祭
末社の例祭

7月

7日:七夕まつり
平成29年度の七夕のおまつりにつきましては、7月7日(金)午後6時より神事を斎行いたします。
なお、例年行なっておりましたキャンドル等のイベントは今年は行いませんのでご了承ください。

8月

2日・3日:御田植祭
厄神祭・本殿祭・御斗代祭・花火大会
本殿祭・御幡献納祭

24日:牛馬神社祭
末社の例祭

9月

秋分の日:祖霊祭
春分の祖霊祭と同儀。

24日:鯉喰・矢喰・岩山・十柱神社祭
末社の例祭

10月

17日:神嘗祭
その年の新穀を伊勢の神宮に供える祭典が「かんなめさい」です。
全国の神社においても「神嘗祭当日祭」として、神宮の遙拝と祭典が行われます。

第3土曜日・翌日曜日:秋季例大祭 宵祭、本殿祭・流鏑馬神事
実りの秋の豊饒に感謝し新穀をお供えします。

22日:祓神社祭
末社の例祭

11月

3日:明治節祭
昭和2年に明治天皇の誕生日を記念し「明治節」が定められ、戦後は「文化の日」という国民の祝日となって引き継がれています。この日は、明治神宮を始め、各地の神社で明治天皇のご聖徳を仰ぐお祭りが行われます。

15日:七五三祭
お子様の健やかな成長を祈ります。11月中、七五三詣

23日:新嘗祭
新穀感謝のお祭で、秋の酉祭とも同じ趣旨の祭。
その年の五穀豊穣を祈って2月に斎行される春の祈年祭の祈りに対し、秋の感謝の祭にあたります。

12月

23日:天長祭
今上陛下の御誕生を祝い、聖寿の万歳を祈るお祭です

下旬:煤祓い
社殿に一年間たまった煤を祓い清めて、年末の大掃除をします。

31日:除夜祭
1年間の諸々が滞りなく行われたことを神前にて感謝し、新年を迎えるにあたり、明くる1年が良き年でありますことをご祈念するお祭りです。

ページトップへ戻る