桃太郎伝説と神楽・備前刀のふるさとの一宮

お知らせ

日本政府は令和3年4月23日に、東京・大阪・京都・兵庫の4都府県に対して4月25日から5月11日までの期間で「緊急事態宣言」を発令されました。
また同じく、「まん延防止等重点措置」の対象地域を宮城、埼玉、千葉、神奈川、愛知、愛媛、沖縄の7県とし、5月11日までの期間で宣言に準じた感染対策を徹底することを発表されました。

岡山県でも伊原木知事が、県民に対し、夜間の不要不急の外出や感染拡大地域との往来自粛を求められました。
当神社では、それらに協力し、4月29日から5月5日までの間、政府が出されている感染症対策の基本的対処方針に従い、ご参拝の皆様と職員の安全を最大限留意した上で、以下の対応といたします。

なお、今後の推移により対応を変更することもございます。あわせて皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

 
◆子安神社大祭
こどもまつりにつ
いて
○令和3年5月5日(水・祝)

例年5月のこどもの日に斎行しております“子安神社大祭こどもまつり”について、子安神社大祭は、総代・世話人および氏子崇敬者の皆様方をはじめ、ご参拝の皆様方の安全に配慮いたしまして、ご参列は中止とさせていただき、職員と一部関係者のみでご奉仕いたします。
“こどもまつり“についても、中止とさせていただきます

なお、当日は、子安神社御社殿で祭典を斎行後、本宮御社殿において新型コロナウィルス感染症終息祈願祭を斎行いたします。
◆磐座祭について
○令和3年5月9日(日)

例年5月第2日曜日に斎行しております磐座祭につきまして、今年は、昨年同様、総代・世話人および氏子崇敬者の皆様方をはじめ、ご参拝の皆様方の安全に配慮いたしまして、ご参列は中止とさせていただきます。
御社殿にて皇室の安寧と国家の安泰、皆様の安全および疫病の終息を御祈願申し上げました後に、神職のみ磐座まで登り、祭典をご奉仕申し上げます。
その後、龍神社および御陵墓を参拝し、同様にご祈念してまいります。

毎年ご参列され、御初穂料をお納めいただいているお方様で、今回ご参列をお控えになった方々のために、磐座祭の御神札を、祭典終了後(当日の10時30分ごろ)から、しばらくの間、社頭(一体1,000円以上の初穂料)でお頒けいたします。

皆様方におかれましては、安全の為に三密を避けてごゆっくりとお参りくださいまして、御神札をお受けいただき、ご自宅でお祈りくださいますならば幸甚です。
◆ご祈祷の受付
について
新型コロナウィルスの感染拡大を鑑み、ご参拝の皆様の安全を最優先とし、祈祷受付・神符授与所等、(神社護持の為の業務を除く)業務内容を状況にあわせて縮小しております。

➀ 参拝者の安全を確保した上で受付順にお受けいたします。
➁ 原則として、岡山県内在住の方に限らせていただきます。
➂ 皆様の安全のためにマスクの着用をお願い申し上げます。職員も安全に配慮し、常時マスク・ビニール手袋等を着用いたします。
➃ 各自ご自宅にて検温をお願いします。熱などの症状がある方はご参拝をお控えください。
➄ 原則として、ご登殿いただきます方はご祈願者のみとさせていただきます。
状況により、一度にご登殿いただく組数を制限させていただくこともございます。
➅ 受付・ご登殿の際には、必ず備え付けのアルコールで手・指の消毒をお願いします。
➆ 団体でお参りのお方様は、感染症拡大防止のため、ご登殿は、ご代表の方を含む若干名(2~3名)でお願いいたします。一緒にお越しくださいました方々は社殿の外よりご参拝ください。
➇ 高額祈祷をお受けの方々には、招福太鼓をご奉納しておりましたが、当面の間、皆様の安全に配慮し、祈祷時間が長時間にならないように招福太鼓を取り止めます。“招福太鼓”を“剣祓“に換えて、大神様の御神護を皆様が受けられますようご奉仕いたします。
➈ ご参拝に必要な安全対策が整わないときには、お断りする場合もあります。
⑩ 御神札について変更があります。詳細につきましては、受付までお問合せください。
お問合せ等は、午前9時から午後5時までにお電話にてお願いします。TEL:086-284-0031
◆授与所について
ゴールデンウイーク期間中は、対人での御守等の授与は、ご参拝の皆様と職員の安全の為、最小限に止めさせていただきます。
◆御朱印について
当神社の御朱印は、当面の間、ご参拝の皆様と職員の安全の為、書き置きのみの対応とさせていただきます。
◆その他
今後の推移により対応を変更することもございます。
皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

お互いに力を合わせてこの国難を乗り越えていただくため、感染拡大の防止と感染症の一日も早い終息を吉備津彦神社は皆様の心に寄り添い、毎日ご祈願いたしております。

吉備津彦神社
宮司  守分清身

 

吉備津彦神社へ
ようこそ
Welcome to Kibitsuhiko Jinja.

当神社は背後の吉備の中山に
巨大な磐座・磐境を有しています。
皆様の平穏無事と弥栄を見守り続けてきた神域は
鎮守のやすらぎの柱として、
今なお皆様のいのりとともに守り継がれています。

ご祈祷・お祝い事のご案内

人生の節目・お祝い事・一年の始まり等には、大神さまにご報告をし、今後の幸せをご祈願しましょう。家内安全・交通安全・安産祈祷・初宮詣・七五三詣等、諸祈願お受けいたします。詳細は受付にお問い合わせください。

厄年・八方塞がり・祝事表

厄年や八方塞の年にはお祓いを受けましょう。 また、歳祝いの年には大神さまにご報告・感謝し、お祝いしましょう。

神前結婚式のご案内

婚礼の儀式は神々の「むすび」の力により人と人を結びます。 夫婦の和を祈り、契りを結ぶ婚礼の儀式は神話の時代より受継がれる日本人の心です。

Instagram