桃太郎伝説と神楽・備前刀のふるさとの一宮

新型コロナウイルスの影響による
御田植祭に関するお知らせ

例年8月2日、3日に斎行しています吉備津彦神社御田植祭(岡山県指定重要無形民俗文化財)につきまして、令和2年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、ご参拝の皆様とご奉仕いただきます皆様の安全に配慮し、総代様・氏子崇敬者の皆様方にご奉仕いただいている祭典(田舞・太鼓獅子・御斗代祭と御幡献納祭の行列等)は、規模や形態を考慮して斎行し、催事(花火・露店等)は、中止といたします。
なお、祭典に関しては、当神社職員と一部の関係者で安全に配慮して斎行しますが、皆様の祭典へのご参列は、安全に配慮し、お控えいただく事となります。
また、8月2日16時から斎行します厄神祭は疫病除けの神事であり、「茅の輪くぐり神事」を行います。残念ながら皆様の安全の為、ご参列いただくことはできませんが、厄神祭終了後から8月16日(日)まで茅の輪を設置しています。皆様混雑を避けてご来社になり、茅の輪をくぐってご参拝いただき、厄神祭のご神札をお受けいただき、御神護をお受けください。
この度は、止むを得ず、祭典を縮小し、形が変わるところもありますが、地域の氏子崇敬者の皆様の安全と繁栄、五穀豊穣、疫病除を真心込めてご祈願申し上げます。

 

御幡献納祭についてのお知らせ

例年8月3日16時より斎行しています御幡献納祭は、本年は、当神社職員と一部の関係者で安全に配慮して規模と形態を考慮し、午前10時30分より行列を斎行いたします。
残念ながら皆様の祭典へのご参列は、安全に配慮し、お控えいただく事となります。
例年、御幡についています扇を受取り田にさして五穀豊穣をご祈願されてますお方様は、午前10時30分すぎを目処に、参道の茶店前でお渡しいたしますので、密にならないように間隔を開けてお待ちください。
ご不明な点等ございましたら社務所までお問合せください。

 

厄神祭の人形(ひとがた)についてのお知らせ

人形(ひとがた)をご希望のお方様にお送りしています。郵送をご希望されますお方様は、8月16日までにお電話でお問い合わせください。
(TEL:086-284-0031)
後ほど、当神社から郵送で人形と申込用紙・振込用紙をお送りします。祭典までに人形にご芳名等ご記入の上、神社宛に人形をお送りくださいますか、又は混雑を避けてご持参ください。お初穂料はその折に、お振込みでもご持参くださいましてもどちらでも結構です。
厄神祭奉仕後の御神札と茅輪のお守りをお送りいたしますのでご奉斎ください。
皆様よりご返送されました人形はご神前で皆様の安寧をご祈願した後に、古式に則り水に祓い流します。

 

吉備津彦神社へ
ようこそ
Welcome to Kibitsuhiko Jinja.

当神社は背後の吉備の中山に
巨大な磐座・磐境を有しています。
皆様の平穏無事と弥栄を見守り続けてきた神域は
鎮守のやすらぎの柱として、
今なお皆様のいのりとともに守り継がれています。

ご祈祷・お祝い事のご案内

人生の節目・お祝い事・一年の始まり等には、大神様にご報告をし、今後の幸せをご祈願しましょう。家内安全・交通安全・安産祈祷・初宮詣・七五三詣等、諸祈願お受けいたします。詳細は受付にお問い合わせください。

厄年・八方塞がり・祝事表

厄年や八方塞の年にはお祓いを受けましょう。 また、歳祝いの年には大神様にご報告・感謝し、お祝いしましょう。

神前結婚式のご案内

婚礼の儀式は神々の「むすび」の力により人と人を結びます。 夫婦の和を祈り、契りを結ぶ婚礼の儀式は神話の時代より受継がれる日本人の心です。

Instagram